• ウィッグの種類や特徴

    ウィッグとは?

    ウィッグというと、薄毛の人が髪の毛の量を多くするために使用するもの、という印象を持っている人もいるでしょう。確かに髪の毛のボリュームを出すために使うウィッグもありますが、近年では、へアアレンジが簡単にできるオシャレの方法の一つとして人気を集めています。

    例えばショートヘアの人がロングヘアにする際に使用したり、髪型をすっかり変えてしまう方法として使うことも可能です。また、部分的にヘアスタイルを変えたり、色を変えるために使う方法として、利用されます。

    着物を着た時や結婚式、またフラダンスの発表会などにおいて、シチュエーションに合わせたヘアスタイルを可能にするのがウィッグです。思い切り髪の色を変えてみたいけれど、仕事上それはできない、という場合もカラーウィッグを使えば、休日は思い通りのヘアカラーをすることもできます。

    ウィッグは、手軽に髪型を変えることができる方法として、あらゆる年代の人に利用されています。

    ウィッグの特徴

    ウィッグには人毛と人工毛があります。
    人毛と人工毛の大きな違いは、手触りや不自然さです。人毛は手触りがよく、装着した時の不自然さがありません。ウィッグと気づかれることも少ないのが特徴です。

    一方の人工毛は手入れがしやすいということが特徴。洗ってもすぐ乾きます。ただし、値段に差があり、価格の安いものは不自然さが目立ち、ウィッグを装着していることがすぐに分かります。

    また、人毛と人工毛を合せて作られたウィッグもあり、自然でスタイリングがしやすいウィッグもあります。自分がどのように見せたいかによって選ぶとよいでしょう。

    ウィッグの種類

    ウィッグには種類があります。
    一つはフルウィッグ。ウィッグの中では頻繁に使用されるタイプです。もともとの自分のヘアスタイルを全く変えてしまうことができます。

    イメチェンをしたいけれど、髪を切りたくはない、という希望も叶えてくれるウィッグです。カラーチェンジもできるので、その日だけ髪の色を変える、ということもできます。

    また、一部だけ変化をつけることができるのが、ヘアピースと呼ばれる種類のウィッグです。少しだけヘアスタイルに変化をつけたい、という時に便利です。お団子だけつけたい、前髪だけ変化をつけたい、などといった希望に対応できるパーツウィッグもあります。

    さらに女性に多く利用されるウィッグで、付け毛の一つであるエクステンションがあります。短い髪に装着してロングヘアに見せることのできるウィッグです。巻き髪をつけたり、ボリュームアップして華やかに見せることができます。

    オシャレ用ではないウィッグもあります。それが医療用ウィッグです。病気や治療などのために髪の毛が抜けてしまった人などが利用します。医療用ウィッグは、薬などによって頭皮が痛みやすいので、頭皮に負担のかからない作りになっています。

    フルウィッグ

    フルウィッグとは頭部全体を覆うかつらです。

    エクステンション

    付け毛と呼ばれる種類の髪の毛についてご紹介しましょう。

    ヘアピース

    ヘアスタイルを簡単に変えられるのがヘアピースです。

    医療用ウィッグ

    抗がん剤等の使用時、副作用が出てしまった方向けのウィッグです。

    まつ毛エクステ

    人工まつ毛に接着剤を着けるという方法があります。

    ウィッグに関わる仕事

    ウィッグ関係の仕事はさまざまなものが挙げられます。

    美容師免許

    美容師免許を取得するまでの流れなどについて説明します。

    髪の健康にいいこと

    日々の生活の中でできるヘアケアについてまとめました。

    hair